バイク用ロックに関する情報サイト

このサイトではバイク用ロックを持ち運びする注意点と基本的な使い方について解説されています。
その中では、折りたたみが便利だと言及されており、その理由に関しても記載があります。また前輪と後輪のどちらにつけるべきかも解説されており、初心者にも分かり易く説明がなされます。加えて、収納方法やストラップの長さに関して、具体例を挙げて紹介されているのもメリットです。当記事のポイントを押さえれば、盗難防止に大きく役立てられます。

バイク用ロックの基本的な使い方

バイク用ロックの基本的な使い方 バイク用ロックには様々な種類がありますが、持ち運びに便利なタイプが良いとされます。中にはアラーム付きタイプもあり、盗難防止に大きく貢献してくれます。
窃盗犯は自分の存在を知られるのが怖いので、アラームが鳴ったらすぐに立ち去るものです。アラーム付きバイク用ロックには、穴の位置が深めのディスクローター対応タイプも用意されています。それによって、より防御力の高いアンカーにも連結できます。ディスク用はロックピンが隠れる構造になっており、ワイヤーカッターでは切断できないのがメリットです。アラーム付きなら、キーシリンダーをピッキングした時に作動します。持ち運びにも便利なので、ツーリングの際の盗難防止に威力を発揮すると言えます。

盗難防止におすすめのロック

盗難防止におすすめのロック 出先でバイクを駐車する際には盗難防止の観点からロックをかけるのは必須ですが、最もおすすめなのが昨今トレンドとなりつつあるウルトラロボットアームと呼ばれているタイプです。
従来型のロックはチェーンやワイヤーを使用したものの場合は柔軟性がありさまざまなシーンで使用できる一方で、意外と簡単に切られてしまうのも問題でした。金属製のU字型の製品は剛性が高いものの重くて扱いづらいのも課題でした。しかも、最近になって油圧カッターを使用すれば切断することも可能で、大きな衝撃が走ったのも記憶に新しいところです。そこで登場したウルトラロボットアームロックは、これまでの不安を全て解消できるギミックに大きな注目が集まっています。特殊合金で作られた本体は高い剛性を保ち、関節がついているのでいろいろな場所で使用できます。表面は厚みのある特殊な樹脂で覆われているので、雨水などの浸水を防いでサビが防止されるだけではなく、油圧カッターの摩擦力を奪って切れ味を落とし切断されるのを防いでくれます。実験が行われた例ではその樹脂を長時間かけてカットできたとしても、その先の特殊金属は少々の傷が入った程度で切断までには至りませんでした。出先でのバイクの盗難を防止するためには、そんな高い能力を持つウルトラロボットアームがおすすめです。

バイクのロックの高性能なものとはどのようなものか

バイクのロックは、盗難を防止するために非常に重要なアイテムです。高性能なバイクロックには、以下のような特徴があります。
高性能なものは強固な素材で作られており、切断や剪断に対して耐性を持っているのが特徴です。一般的に鋼材やチタン合金、高分子材料などが使用されています。耐候性に優れていることが望まれます。 ピッキングやバンプキーなどの技術に対しても耐性を持っています。さらに車体に取り付けることで、盗難を防止することが可能です。 使いやすさにも配慮されており取り付けや取り外しが簡単で、取り回しがしやすいものが好まれます。キーの操作性や取り出し方にも注意が払われています。 多様な種類があり例えばハンドル・ディスク・チェーン・U字・ワイヤーなどがあり、それぞれの用途や状況に合わせて選択することができます。 信頼性の高いメーカーが製造しているものが望まれます。信頼性の高いメーカーは品質管理がしっかりしており、製品の信頼性や耐久性に自信を持っていることが多いです。
バイク鍵は、盗難から自分の愛車を守るために必要なアイテムです。質の良いものを選ぶことで、盗難被害を防止し、愛車を長く大切に乗ることができます。

バイクロックが絶対に必要とされる理由とタイプごとの特徴

バイクを所有する上で、絶対に欠かすことができないと言われるのが防犯施錠です。日本では、年間約2万台、1日平均60台前後のバイク盗難のトラブルが起きていると言われています。夜間の侵入で持ち出される被害も出ているため、自宅敷地内の駐車でも油断をしてはいけません。
いくつかある防犯対策の中でも、基本とも言えるのがチェーンによる施錠です。チェーンは数百円から数十万まで値段の幅の広さが特徴になります。金額の安さだけでなく、太さや扱いやすさなどを考慮して決めることが大切です。 防犯性の高さを重視したい人は、U字ロックが適しています。文字通りアルファベットのUの形状で、工具による破壊行為がしづらいのが強みです。
バイクの施錠というとタイヤをイメージされがちですが、ハンドル部分に装着するものもあります。ディスクロックは、ブレーキ部分に装着することで、車輪を回転させなくする防犯対策です。コンパクトな形状で持ち運びがしやすく、初心者でも簡単に操作できるというメリットがあります。

マンションに住んでいる人もした方が良いバイクのロック

バイクを駐車する時にしっかりとロックをしておけば、効果的な防犯対策ができます。マンションに住んでいる人もこうした方法で防犯対策をすることにより、愛車を盗まれることを予防できます。
集合住宅に住んでいる人は、共用の駐車場にバイクを駐車しなければいけないので、このような対策をすることが重要になります。共用の駐車場はマンションに住んでいない人であっても簡単に出入りすることができるので、十分な安全対策をしていなければ、夜間にバイクを盗まれてしまうこともあります。場合によっては、昼間であっても盗難の被害に遭うこともあります。被害に遭わないようにするためには、鍵をしっかりとかけたことを確認してから、愛車の傍を離れることが必要です。鍵をかけたつもりであっても、何かの手違いによって鍵がかかっていない状態の時もあります。バイクがロックされているかどうかを確認するためには、鍵を自分の手で動かしてみることも必要です。

バイクを安全に使用できるロックを2重にかける方法

バイクを安全に使うためには、盗難予防のための対策をしっかりとおこなうことも大切です。盗難の予防を怠っていると、油断をした時に盗まれてしまうこともあります。
バイクを盗まれないようにするために最適な方法は、駐車をする時に必ずロックをかけるようにすることです。鍵をかけていれば、簡単には盗むことができなくなります。できるだけ性能の高いキーを使用することが、盗まれないようにするための重要なポイントです。ですが、どれだけ高性能のキーを使用しても愛車が盗まれてしまうこともあります。盗難の被害を確実に避けるためには、ロックを2重にかけるのが最適な方法です。このような方法で施錠をすれば、さらに盗難の被害を防ぎやすくなります。この方法が被害の予防に効果的なのは、2つの鍵を外すことは非常に面倒な作業だからです。鍵をあけることに時間をかけてしまうと見つかってしまうこともあるので、窃盗犯も鍵が2重にかかっているようなバイクは避けることが多いです。

バイクのセキュリティで目立つロックを行う

バイクは、理想としては鍵付きの家の中に入って防犯対策を行うことが大切ですが、難しい場合もロックをかける選択肢があります。
鍵を抜くだけだと、盗まれる恐れがあるため、タイヤ部分にロックをするなど、防犯面の対策を強化することができます。センサーで反応するなど、盗難を防止するための目立つものを取り付けると、不審者が警戒して近づかないようにする事も可能です。バイクを安心して使い続けることができるようにするためにも、盗難のトラブルを避けるために大切なことを事前に学んで知識を身に付けて、防犯グッズを購入していくことも重要になります。商品を購入したお店で探す以外にも、オンラインショップでいろんな対策をすることができる商品を選んで買うことができます。バイクを守るためにも、駐輪場に置いている間に自分が見ていないときでも安全のための強化策を講じてくことにより、夜も安心して眠ることができるようになるので、対策は必要です。

バイク用ロックの情報サイト

バイク用ロックについて